logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    水に眠る

    実験が成功したようなのは嬉しいのですが、
    非常に疲れました。

    読み終えました。

    北村薫『水に眠る』
    水に眠る (文春文庫)水に眠る (文春文庫)
    (1997/10)
    北村 薫

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    見合い話に苛立ち、後輩の若さがふと眩しい美也子の淡々とした日々に鳴り響く謎の電話。そして一年が過ぎて…「恋愛小説」。同僚に連れていかれた店で飲んだ水割りの不思議な味。ある切ない夜、わたしはその水の秘密を知る…「水に眠る」。人の数だけ、愛がある―様々な愛の形を描く短篇集。
    (引用終わり)

    さすが北村薫。面白い。

    『植物採集』のなんとも切ない感じとか、
    『くらげ』の社会全体への嘆きとか。
    他に応用できそうですよね。

    一番記憶に残ってるのは『矢が三つ』。
    男性が圧倒的に増える世の中になったら、こういう手もあり…?
    実はこの話も、応用ですよね。今の世の中だって同じですよ。

    興奮して読む小説ではないですが、
    とても切れ味の良い短編集でした。

    では($・・)/~~~



    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad