logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    午後の曳航

    正月ぼけ?

    読み終えました。

    三島由紀夫『午後の曳航』
    午後の曳航 (新潮文庫)午後の曳航 (新潮文庫)
    (1968/07)
    三島 由紀夫

    商品詳細を見る

    あらすじはなしで。

    初三島作品。
    今年は近代文学も読もうと思いまして。

    本当の初出がいつかは解らないのですが、昭和40年代くらいですかね?
    思ったより読みやすいなぁと。普通に読めるので少々驚きました。

    毎度言っていますが、有名な作品には面白さがありますね。

    前半の夏のありがちなドラマの中にも、少年の美と世界に対する興味深い描写があって。
    後半の冬はもうがらがら壊れていきますし。
    ラストのざっくりした感じが妙に怖い。

    いろいろと思うことがありましたが、うまく書けないのでやめておきます(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad