logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    幻想譚グリモアリスⅤ

    新成人の皆さんおめでとうございます。

    ふぅ。卒論をざくざく書いているのですが、微積分、量子力学、電磁気学といったような土台の学問がここにきて重く圧し掛かってきています(笑
    幅広い学問をやると面白いけど大変ですね。

    読み終えました。

    海冬レイジ『幻想譚グリモアリスⅤ』
    幻想譚グリモアリスV  天の座に咲け叛逆者 (富士見ファンタジア文庫)幻想譚グリモアリスV 天の座に咲け叛逆者 (富士見ファンタジア文庫)
    (2010/01/20)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    キモいシスコン野郎の桃原誓護は、最愛の妹・祈祝を奪還した後も、アコニットのもとに留まっていた。いのりの様子は気になるが、冥府での戦いが、未だ予断を許さないものであったからだった。ほどなくして、敵である霊廟側から使者が訪れる。現めた使者は、アコニットが最も信頼していた一三星樹の元太守・ドラセナ!?彼女は、霊廟側が講和を望んでいると告げた。しかしその条件は―。「アコニット姫は、生涯お独りで、煉獄につながれていただきたく」このままではアコニットは永久に囚われの身!事実上の宣戦布告に、誓護たちは申し出を拒否するが…。急展開の猛毒のネオ幻想奇譚。決戦を覚悟した誓護たちの策は―。
    (引用終わり)

    表紙のアコニットが素晴らしいですね。何この見下してるような冷笑。

    さて、就活終盤に読んだⅣ巻以来なので、なんと3/4年ぶりくらい。
    冥府の設定を忘れています。天国と地獄と人間界があるようですが、冥府はどこに所属するんですっけ?
    あれ?それとは違う概念だったか?

    しかし、富士見ミステリーが初めということもあるからか、どうもミステリーの雰囲気を感じ取ってしまうのですよねぇ。まぁ確かに違う進み方をしているわけですが。
    誓護の作戦が、どうも謎解きチックで。どんでん返しがどーん、みたいな。

    戦闘シーンはすっきりしてるし、キャラクターいっぱいなのに解りやすいし。
    笑いあり涙あり。うーん。
    しかし短い物語だ。

    ちなみに、あと1巻でシリーズ終了だそうで。
    惜しいなぁ。
    アニメ化とかされないだろうか。
    アニメといえば、GOSICKが面白かったので原作を読みたいと思っています。
    決してゴシックのタイトルに惹かれたわけではありませんよ(ぇ

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad