logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    四日間の奇蹟

    お気づきの方もいると思いますが…ブログを始めてから読んだ本が1000冊に到達しました。
    わぁすごい。

    読み終えました。

    浅倉卓弥『四日間の奇蹟』
    四日間の奇蹟 (宝島社文庫)四日間の奇蹟 (宝島社文庫)
    (2004/01)
    浅倉 卓弥

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    第1回『このミステリーがすごい!』大賞・大賞金賞受賞作として、「描写力抜群、正統派の魅力」「新人離れしたうまさが光る!」「張り巡らされた伏線がラストで感動へと結実する」「ここ十年の新人賞ベスト1」と絶賛された感涙のベストセラーを待望の文庫化。脳に障害を負った少女とピアニストの道を閉ざされた青年が山奥の診療所で遭遇する不思議な出来事を、最高の筆致で描く癒しと再生のファンタジー。
    (引用終わり)

    第1回『このミス』大賞受賞作のようで。
    第1回がこの質だと、たしかに次回からも期待してしまいます。残念ながら、以降の受賞者には作家に向いていないような方も多いと思われるのですが。

    東大卒の副業作家?
    そういえば東大卒って見かけない気がしますね。隠しているのかも知れませんが。
    関係ありませんが、現在では最高学府≠東京大学ですよ。

    さて、この作品。うまく書いたなぁというのが一番の感想。
    まず、登場人物とそれにまつわるテーマはデリケートなはず。でも、それを軽々とクリアしている。
    そこから物語は始まる訳ですからね。

    章題では『奇蹟』とされている事態が始まってからは、「あぁどこかでこういう小説あったな」と思わせる部分もないわけじゃない。しかしそれ以上に深みを出しているのが回想と語りのシーンの作り方だと思います。

    ピアノよりも交響曲が好きな人間ですが、一度この作品に出てきた曲を聴いてみるのもありかと考えていたり。

    ちなみに、感涙のベストセラーとあらすじにありますが、たしかに何故か泣きそうに。
    きっと真剣だからです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad