logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    サイコロジカル(上)兎吊木垓輔の戯言殺し/サイコロジカル(下)曳かれ者の小唄:文庫再読

    イヤフォンまで壊れましたよ。

    読み終えました。

    西尾維新『サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し』
    サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
    (2008/10/15)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    およそ論理立てて物事を考えるほど無意味なことはない。所詮論理など人の考えたものであり、そして世界は人の手には余りすぎる。博愛を自らの義務と課し、自由を何よりも重んじる、周囲に調和をこの上なく提供する誠実な正直者、つまりこのぼくは、七月、囚われの壊し屋を救う旅に連れられた。パーティのメンバーは玖渚友と鈴無音々。向かう先は悪の要塞―要するには『堕落三昧』斜道卿壱郎博士の研究施設。この冒険の登場人物は誰もが際限なく矛盾していて、誰もが際限なく破綻していて、そして誰もが際限なく崩壊していて、はっきり言って壊れている。それはひょっとしたら壊されただけなのかもしれないが、しかし戯言遣いのこのぼくに限って言えば、わざわざ壊してくれるまでもない。だってぼくは最初から、ほら、こんなにも見事に壊れてしまっているゆえに―。戯言シリーズ第四弾。
    (引用終わり)

    西尾維新『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』
    サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)
    (2008/10/15)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    死線の蒼(デッドブルー)×堕落三昧(マッドデモン)×害悪細菌(グリーングリーングリーン)。戯言遣い絶体絶命。戯言シリーズ第四弾。
    (引用終わり)

    過去の自分の記事を見て、がっかりしました。読みきれていない。
    甘いのはどっちだ。

    さて、多少のルビの面白さに目を瞑れば、今回も面白い戯言シリーズ。
    『クビキリサイクル』との相似について僕は以前勘違いをしていたようです。

    以下、何かが気になったページ。
    上巻:9,27,34,50,56,57,73,93,145,150,173,180,183,254,265,282
    下巻:47,79,122,127,130,148,236,300,369
    論文を書くのかという勢いですね。

    ところどころに笑えるところがあったり。
    ところどころに壮大なテーマがあったり。
    そんなものは全て戯言か?と思わせるようなものがあったり。

    うに? とか うにー とか言ってる人は今回おとなしかったので残念です。
    いやまぁ理由というか根拠の欠片は描写されてましたけど。

    清涼院流水とかももう一度チャレンジしてみようかなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad