logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    山椒大夫・高瀬舟

    ギター買いました。エピフォンです。

    読み終えました。

    森鴎外『山椒大夫・高瀬舟』
    山椒大夫・高瀬舟 (1951年) (新潮文庫〈第245〉)山椒大夫・高瀬舟 (1951年) (新潮文庫〈第245〉)
    (1951)
    森 鴎外

    商品詳細を見る


    うーん。表題作は楽しめたかな、という感じ。
    「山椒大夫」は有名作なだけに期待して読みましたが、そこまででもなかったか?短編だからか、綺麗にまとまりすぎていて残念だったり。
    「高瀬舟」は短編でよかった。その中に含まれるテーマは興味深いのですが、いかんせんそれしかないのでね。

    他の作品は、どうも好みに合いませんでした。
    そもそも、専門用語や外国語をさくさく交えられても、いちいち注とか見てられない!
    あ、これって工学用語にも言えるのか……。なるほど、文系の人の気持ちが少し解りましたよ(おい

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad