logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    氷菓

    卒論提出。

    読み終えました。

    米澤穂信『氷菓』
    氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
    (2001/10)
    米澤 穂信

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    いつのまにか密室になった教室。毎週必ず借り出される本。あるはずの文集をないと言い張る少年。そして『氷菓』という題名の文集に秘められた三十三年前の真実―。何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリ登場!第五回角川学園小説大賞奨励賞受賞。
    (引用終わり)

    元々角川スニーカーで発行されたものが、角川文庫に移ったようです。
    角川文庫版で読みました。

    ラノベとして書かれたもののせいか、少し軽い印象は拭えない。
    ただ、登場人部う\津と情景のバランスは良いし、面白い作品だと思います。

    ミステリーに類するのかどうかは惱むところですが、ひらめきで謎を解く手法は新鮮。
    「日常の謎」というのは奇抜でありながらも現実性が求められる難しい領域ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad