logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ

    節分……とは関係ありませんが、人の言っていることが解らないときにはきちんと「理解できていません」と伝える必要があると思うのですよ。
    就職活動なんかではコミュニケーション能力が云々言われますが、要はそういった意思疎通ができない人は困るということに他なりません。

    読み終えました。

    松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ』
    万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)万能鑑定士Qの事件簿III (角川文庫)
    (2010/05/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつてミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。凛田莉子は鑑定眼と機知の限りを尽くして西園寺に挑む。書き下ろし「Qシリーズ」第3弾。
    (引用終わり)

    刊行スピードが早くて追いついてませんね。
    昨年末にⅧまで出ていたような…。

    万能鑑定士の態度には憧れるものがあります。
    まさに現代の(?)ヒロイン。
    知識をどう使うのか。

    科学や数学を扱うことは苦手であっても、知識として理解することは意外と容易です。
    電子レンジを開発する技術者になるのは難しくても、モノが温まる基本的な定性的原理ならまだ理解できるでしょう?
    さぁ、文系の皆さんもこれに倣って!←何かが違う

    さて、過去の栄光にしがみつくというのはどうなんでしょうね。
    結局今の自分に繋がってしまってますのでね。
    そのとき全力(と言わないまでも納得できるだけ)の力を出して行動してればそれで良いんじゃないかなと。

    それほど意識していなかったのですが、最近になってやっと僕は松岡圭祐ファンじゃないかと思い始めました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad