logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    少女七竃と七人の可愛そうな大人

    とりあえずの区切りまであと2日。

    読み終えました。

    桜庭一樹『少女七竃と七人の可愛そうな大人』
    少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)
    (2009/03/25)
    桜庭 一樹

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈―誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が―雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。
    (引用終わり)

    なかなかに面白い語り口の小説でした。
    あと一歩どこかに踏み込んで欲しかった気もしますが。

    「可愛そう」なんでしょうか。
    まぁたしかにそうかもしれませんね。
    きっと、通常用いられる言葉とは少し意味の異なる使い方なのでしょう。

    がたたん

    ごととん

    気取った感じが寧ろ可愛いとも思える小説でした。

    では($・・)/~~~


    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad