logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵

    株の勉強をしていますが、果たしてどうなることやら。

    読み終えました。

    歌野晶午『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』
    舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (光文社文庫)舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵 (光文社文庫)
    (2010/07/08)
    歌野 晶午

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    焼け跡から金貸しの老婆の死体が発見された。体には十数ヵ所の刺し傷があり、焼け残った金庫からはお金も債務者の記録も消えていた!事件を捜査する浜倉中央署の刑事・舞田歳三。彼にはゲームとダンスが好きな11歳の姪・ひとみがいた。行き詰まった事件の謎を、彼女の何気ない言葉が解決へと導く。キャラクターの魅力と本格推理の醍醐味が詰まった傑作推理小説。
    (引用終わり)

    タイトルが強烈ですよね。
    ちょっと駄作感溢れていて買うときに迷ってしまう(笑
    実際、そこまで悪い小説じゃなかったですよ。
    ただ、言うほど舞田ひとみは活躍していないし、傑作小説とまでは思えなかった。

    不満だったのは、タイトルにあるほどダンスの描写がなかった。
    それよりはゲームに惹かれている感じ。
    まぁゲームではタイトルに相応しくなかったのかもです。

    小学生の描写は、奥田英朗の『サウスバウンド』を思い出しました。
    想像以上に大人ぶっている。

    歌野晶午は全体的に変わった作品が多くて、やはり期待できます。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad