logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    殺戮ゲームの館(上)(下)

    スマートフォンの持ち主も、スマートになれれば良いですね。

    読み終えました。

    土橋真二郎『殺戮ゲームの館(上)』
    殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
    (2010/03)
    土橋 真二郎

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ―誰かが言った。この二つには共通点があるのではないか。一つは時折マスメディアをにぎわす集団自殺のニュース。そしてもう一つは人間が殺し合う娯楽ビデオが存在するという都市伝説。出会いや遊びが目的のオカルトサークルに所属する福永祐樹は、ネットで偶然見つけた自殺サイトに興味を持ち、集団自殺の現場となったというある廃墟にたどり着く。だが祐樹が目覚めた時、彼を含むサークルメンバー11名は密室に閉じ込められていた…。戦慄の密室サスペンス、上巻。
    (引用終わり)

    土橋真二郎『殺戮ゲームの館(下)』
    殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)殺戮ゲームの館〈下〉 (メディアワークス文庫)
    (2010/03)
    土橋 真二郎

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ネットで得た情報をもとに集団自殺の廃墟を探していた福永祐樹含むオカルトサークルメンバー11名は、気が付くと密室に閉じ込められていた。そこで待ち受けていたのは、一方的に提示される不可解な“ルール”と、夜を迎える度に一人、また一人と殺されていく悪夢のような現実―。やがて祐樹たちの前に“警告者”が現れ、密室の中で行われる死を賭けたゲームの存在とどこかに“殺人犯”がいることを告げるが…!?疑心渦巻く密室サスペンス、下巻。
    (引用終わり)

    タイトルと表紙に惹かれて購入。
    ラノベ作家だったり、ラノベっぽい出版社だったことを知ったのは家に帰ってからでした。
    悔しいですが、とりあえずライトノベルに分類して記事を書きます。

    …というのも、非常にミステリーとして僕は楽しめたからです。
    あちこちで表現が甘かったり、やたらと飾った言葉があったりする点は見受けられますが、それはラノベ体質というよりは、ただ単に作者の癖か能力でしょう。他の出版社でもままあることです。

    最近読んだ似たシチュエーション作品としては『インシテミル』があります。
    それと比べることは本質的には無意味ですが、こちらはやや淡白。
    ミステリーよりも、その極限状態での心理描写、行動、気配、そういった何かもやもやしたものに頗る重きを置いていると感じました。
    ただ、謎解きや、理不尽な殺戮ゲームの設定が練られていないかというとそうではなく、
    どこかで見た風ではあるが、うまくやったなと思います。

    他の作品もぜひ読んでみないと。

    では($・・)/~~~

    <追記>




    そういえば、下巻で「回生」という表現がありました。大学生の「○年生」を表す言葉ですが…
    主に関西圏で使用されるものです。会話中では千葉出身で東京の大学に出てきたとあったと思うので、
    少しおかしいなぁと。作者の癖ですかね。

    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad