logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    海賊島事件

    結構高かったのに……珍しくラーメン屋さんがはずれでした。

    読み終えました。

    上遠野浩平『海賊島事件』
    海賊島事件 (講談社ノベルス)海賊島事件 (講談社ノベルス)
    (2002/12/13)
    上遠野 浩平

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    海賊。―それは常に奪う側に立ち、奪われる側には決して立たぬ者。魔法が文明を支配する世界の中で、海賊ムガンドゥ一族に略奪される危機が訪れる。全面戦争も辞さぬ強大な魔導艦隊が彼らに要求するもの、それは完全密室の中で起きた殺人事件の容疑者だった―全世界が緊張する中で海賊は一人の女を呼ぶ。その名はレーゼ・リスカッセ。そして彼女には、仮面を付けたとても奇妙な友人がいて―この世で最も美しい死体と、三代に亘る一族の歴史をめぐる因果の先に待つものは、勝利か敗北か、それとも―。
    (引用終わり)

    意外と壮大だったな!

    幾つかある舞台と、そのリンクが思っていたよりもうまくいっていて。

    何より作り込みがしっかりしてる。

    このシリーズももう3作目ですが、ファンタジー要素を多分に盛り込みながら、
    そこに制約をつけて、ミステリー風に事件を構築する技術は素晴らしい。

    海賊の設定がもう少しあっても良いかなと思いましたが、全体的なバランスもありますかね。

    面白かったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad