logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    伊豆の踊子

    どこぞの服屋のチラシで
    「ヒートテック全品限定」って書いてありました。全品セールなのか限定セールなのか。。
    まぁ意味は解るのですが、もう少し書き方ないのかなぁと。

    読み終えました。

    川端康成『伊豆の踊子』
    伊豆の踊子 (新潮文庫)伊豆の踊子 (新潮文庫)
    (2003/05)
    川端 康成

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    二十歳の旧制高校生である主人公が孤独に悩み、伊豆へのひとり旅に出かけるが、途中旅芸人の一団と出会い、一行中の踊子に心を惹かれてゆく。人生の汚濁から逃れようとする青春の潔癖な感傷は、清純無垢な踊子への想いをつのらせ、孤児根性で歪んだ主人公の心をあたたかくときほぐしてゆく。雪解けのような清冽な抒情が漂う美しい青春の譜である。ほかに『禽獣』など3編を収録。
    (引用終わり)

    昨日読み終えました。
    有名作はすごいですね。
    あれよあれよといううちに読み終わってしまって、それでもいまいち情景が解らなかったので読み返していました。

    三島由紀夫が解説に書いているように、処女が一つのテーマなんでしょうね。
    あるようでないもの。

    読者の判断に委ねられる部分が非常に多く、しっかり読んでいくとしんどい小説でもあります。

    『温泉宿』も『禽獣』も生々しいような、それでいて澄んでいるような。

    気に入ったのはたしかですが、満足できていない状態です。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad