logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    まぶらほ ~じょなんの巻・よん~

    読み終えました。

    築地俊彦『まぶらほ ~じょなんの巻・よん~』
    まぶらほ  ~じょなんの巻・よん~ (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ ~じょなんの巻・よん~ (富士見ファンタジア文庫)
    (2009/02/20)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    葵学園の養護教諭、紅尉晴明が作った惚れ薬。それを手に入れた玖里子と凛は、和樹を自分のものにするため、お互いを出し抜こうとしていた。相手の企みを知ったふたりは、ケンカを始める。揉み合いの末、惚れ薬はコーラの中へ。しかも、そのコーラをちょうど帰ってきた夕菜が飲んでしまった。「なんですかこんなところで、ふたりとも紫乃先生と浮気ですか!」夕菜は玖里子と凛に惚れてしまい、夕菜の嫉妬はふたりに向けられることになり―。玖里子と凛の人生最悪の日々が始まった。大好評マジカル・ラブコメ!夕菜の嫉妬の嵐が、玖里子と凛に襲いかかる。
    (引用終わり)

    一番最後の短編が少し面白かったかも。FPSを知っているからですかね。
    あれをやっていたときは楽しかったなぁ。

    今回は性別に関する話題の多い巻でした。

    まぁくだらないどたばたは変わりませんが(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad