logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    まぶらほ ~じょなんの巻・ご~

    今日は入社式でした。
    もちろん式だけで終わるはずもなく、早速研修がありました。
    いやぁ朝型の僕ですが、午前5時半起床はだんだん辛くなってきますね。
    社会人生活に早く慣れなくては。

    ※本棚を空けるためラノベ消化中ですので暫くの期間、記事にしょうもない本が続く場合があります

    読み終えました。

    築地俊彦『まぶらほ ~じょなんの巻・ご~』
    まぶらほ~じょなんの巻・ご~ (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ~じょなんの巻・ご~ (富士見ファンタジア文庫)
    (2009/08/20)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    新聞部とは―葵学園のウワサ・デマ・ゴシップが集まり、時に捏造までなされてしまう悪の牙城である。その新聞部の策謀で、和樹と二人っきりのデートをすることになった山瀬千早。しかし、千早以外の女の子たちが、ウフフなイベントを黙って見過ごすハズもなく…。嫉妬心で怒り心頭の夕菜さんは、デートの「逆」プロデュースを敢行!完全に間違った方向へと舵を切られた千早&和樹が、いつもの面々とたどり着いたのは―何と○○ホテルでした!?オトコ・式森和樹、どうする?どうなる??酒池肉林のマジカル・ラブコメ、はたして、和樹は貞操のクライシスから無事に生還することができるのか。
    (引用終わり)

    まさかのラブホ。おいおいおい。
    まぁそりゃあラノベですからね。
    当然何もないわけですが。
    このシリーズも漸く重い腰を上げて(?)ストーリーに少し進展が見られるようです。

    表紙の千早ちゃんがいいですね(ぇ

    凜ちゃんが美少女ゲームをやったりと、割とダイタンな巻でした。

    ちなみに、そんな巻でありながらも
    疲れていたのでだいぶ流し読みです(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad