logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    蒼林堂古書店へようこそ/神栖麗奈は此処に散る

    TOEICの点数が70点ほど減少しました。
    これは困りました。

    読み終えました。

    乾くるみ『蒼林堂古書店へようこそ』
    蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)蒼林堂古書店へようこそ (徳間文庫)
    (2010/05/07)
    乾 くるみ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    書評家の林雅賀が店長の蒼林堂古書店は、ミステリファンのパラダイス。バツイチの大村龍雄、高校生の柴田五葉、小学校教師の茅原しのぶ―いつもの面々が日曜になるとこの店にやってきて、ささやかな謎解きを楽しんでいく。かたわらには珈琲と猫、至福の十四か月が過ぎたとき…。乾くるみがかつてなく優しい筆致で描くピュアハート・ミステリ。
    (引用終わり)

    ミステリー小説全般が好きな人、ミステリー初心者の人、「日常の謎」ミステリーが好きな人、
    そんな人に良い本なのではないでしょうか。
    こういう「案内書」みたいなものを大学生の時に読んで、もっとミステリーを趣味にしてしまってもよかったかなと思います。

    ミステリーだけに没頭して、そこから幅を広げている人たちがメインのこの小説。
    ある種「奇妙な」人々なのですが、とても楽しそうで爽やかで……スポーツサークルみたい。
    (これは僕もミステリー好きな所為かもしれません

    また、「日常の謎」、もしくは見るひとによっては「謎」となるものについての短編のあとには
    関連したミステリー小説、テーマ毎に分類されたミステリー小説が紹介されてます。

    この本単体では性質上、なかなか評価されないかもしれませんが、
    僕はこういう本こそを薦めたら良いのでは?と思いました。



    さて、おまけ程度に今日空いた時間に読んだもう一冊。

    御影瑛路『神栖麗奈は此処に散る』
    神栖麗奈は此処に散る (電撃文庫)神栖麗奈は此処に散る (電撃文庫)
    (2006/01)
    御影 瑛路

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    純聖和学園の前生徒会長であり、おかしいくらい美しい存在。学園における「絶対」であり、指針、法律、目標、そして救いだった存在―神栖麗奈。彼女は此処にいた。そして、此処で散った。それが全ての始まりだった―。『神栖麗奈は此処にいる』続編登場
    (引用終わり)

    構成が複雑。
    な、割りに意味は少ないような?

    「此処にいる」と合わせて読むと、やっと両方の作品が活きてきたようですね。
    上下巻と銘打った方が親切。

    しかしテーマの見えにくいラノベでした。。

    解るような、わからないような。
    結局、完全性の話だったのですか?

    3作読みましたが、どうやらやはり
    苦手な作者のようですので
    もう読むのやめときます。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad