logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    禁涙境事件

    職場に配属されましたが、未だ研修中です。

    上遠野浩平『禁涙境事件』
    禁涙境事件  ”some tragedies of no-tear land”禁涙境事件 ”some tragedies of no-tear land”
    (2005/01/14)
    上遠野 浩平

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    魔導戦争の隙間にあるその非武装地帯には、見せ掛けと偽りの享楽と笑顔の陰でいつも血塗れの陰惨な事件がつきまとう。積み重ねられし数十年の悲劇の果てに訪れた大破局に、大地は裂け、街は震撼し、人々は喪った夢を想う…そしてすべてが終わったはずの廃墟にやってくる仮面の男がもたらす残酷な真実は、過去への鉄槌か、未来への命綱か―。
    (引用終わり)

    連作短編の形式を取ってる巻でした。
    いつの間にかぐいぐい引き込まれてました。

    どこが「事件」なのか、それが面白い。

    「禁涙境」はミステリーであり、ファンタジーなのでしょう。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad