logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    実験室KR-13

    機械製図とか材料力学とか、電気系出身の僕にはさっぱりなのですが勉強するしかないですね。

    5/4に見たレンタルDVDです。

    『実験室KR-13』
    実験室KR-13 [DVD]実験室KR-13 [DVD]
    (2010/01/29)
    クロエ・セヴィニー、ティモシー・ハットン 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    これが本当の事件であることを信じたくない。
    1975年ロックフェラー委員会でその存在が明らかになった、MKウルトラ計画。
    ドイツ語のMIND KONTROLE(マインドコントロール)から名付けられた国家的極秘のプログラム。
    それは冷戦後、CIAによって行われてきた数万人とも言われる数々の人体実験のコードネームだった。
    CIA長官の指示によりその資料は破棄されて研究の詳細を知ることはできない。
    しかし現在も形を変えてマインドコントロールの実験は行われている・・・。
    この映画は実際の事件にもとづく、衝撃のサイコサスペンスだ。

    ある心理実験に協力するため研究所にやって来た4人の男女。しかし、突然1人が研究所の博士に拳銃で撃ち殺され、部屋は殺人地獄へと変貌した。
    繰り出される問題に正解しないと容赦なく殺される!部屋に出口は無い!
    一人また一人と、精神的に追い詰められてなぶり殺されていく。
    限界を超えた恐怖が、人間の心理を狂わせ、妄想を生み、仲間同士の裏切りが始まった!
    そして、この危険な心理実験の裏では長年隠されつづけたCIAの巨大な陰謀が脈打っていた・・。
    (引用終わり)

    The killing room.

    なるほど、と思ってしまう内容。
    後半はややがっかりですが。
    サスペンスものにはどこかミステリー要素を求めてしまうせいでしょうかね。

    部屋の設定なんかを良くみてると興味深いものがあります。

    しかし、怖いもんです。

    もうちょっと膨らみの欲しかった映画ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad