logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    退出ゲーム

    この雨を折り畳み傘で乗り切るのは少々難があったようです。

    ところで「秘」の付いた書類を手にするようになると、どうやら僕も部署に入ったんだなぁという実感が湧いてきました。

    読み終えました。

    初野晴『退出ゲーム』
    退出ゲーム (角川文庫)退出ゲーム (角川文庫)
    (2010/07/24)
    初野 晴

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない」―穂村チカ、廃部寸前の弱小吹奏楽部のフルート奏者。上条ハルタ、チカの幼なじみのホルン奏者。音楽教師・草壁先生の指導のもと、吹奏楽の“甲子園”普門館を夢見る2人に、難題がふりかかる。化学部から盗まれた劇薬の行方、六面全部が白いルービックキューブの謎、演劇部との即興劇対決…。2人の推理が冴える、青春ミステリの決定版、“ハルチカ”シリーズ第1弾。
    (引用終わり)

    期待していたのですが、どうやらそうでもなかったようです。
    シリーズだとあらすじにありますが、さてどうしたもんかな。

    短編ですっきりしているのは結構なことです。

    どうもシチュエーションと人物がうまいことその世界で動いていないような印象を受けました。
    「みみっちいなぁ」とか思ってしまったり。

    ちょこちょこした小ネタは面白いです。

    設定が活かしきれてない…っていうかそんなに見えてこないしな。

    買ってしまった『漆黒の王子』はどうしよう…分厚いのに。
    読もうという気合が減りました(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad