logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最高学府はバカだらけ/プシュケの涙

    世の中には書類仕事、事務仕事がいっぱいあるようです。
    しかし、きちんと処理できるようになってから
    不平不満を言ってもらいたいものですね。

    読み終えました。

    石渡嶺司『最高学府はバカだらけ 全入時代の大学「崖っぷち事情」』
    最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 (光文社新書)最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 (光文社新書)
    (2007/09)
    石渡 嶺司

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    大学全入時代をほぼ迎えたいま、私大では定員割れが続出し、潰れる大学も出てきている。こうした、世間からそっぽを向かれた「崖っぷち大学」は生き残りに必死だが、それは、東大や早慶上智、関関同立といった難関大といえども他人事ではない。どの大学も受験生集めのために手を尽くしている。ところが、その内容は―AO入試で辞退さえしなければ誰でも合格、就職率や大学基本情報の非公表・偽装、イメージをよくするために大学名を改名(秋田経済法科大からノースアジア大へ)、新しいことを学べる新学部を新設(シティライフ学部や21世紀アジア学部)など、世間の常識と大いにズレていて、どこかアホっぽいのだ。本書では、こうした大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を、具体例を交えながら紹介していく。
    (引用終わり)

    このブログでも何度か書いていますが、最高学府は東大だけではありませんよ。

    さて、この本を読むまでもなく、あたりを見渡せばバカでアホっぽい大学生がごろごろしているわけですが…。
    それらについて、「大学」「大学以前(高校)」「親」などなど、誰が悪くてこんなになってしまったか、を書きたいようでした。
    まぁ結論は出ないものの、それぞれの立場、特に大学の経営という観点から書かれているのは面白かったです。

    最終的には、日本の大学生は、中に入ってからぐーんと伸びていく、ということのようです。
    まぁしかし不真面目なスタンスを貫いていて、何も学び取ることのない(アカデミックな内容に限らず)人は落ちぶれていくだけでしょうがね。

    ところで、僕は、大学とは「自ら動く(学ぶ)ところ」だと思っていたのですが、世間の多くの方の考えは違うのでしょうかね?
    本書でもそうですが、大学側のサービスが充実してきているためか、どうも勘違いしている気がしてなりません。

    まぁ、もう卒業した僕にはあまり関係のないことです(笑

    ぜひ日本の大学生は優秀やなぁと思える人にもっと出会ってみたいものです。



    そしてもう一冊。

    柴村仁『プシュケの涙』
    プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
    (2009/01/07)
    柴村 仁

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「こうして言葉にしてみると…すごく陳腐だ。おかしいよね。笑っていいよ」「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」…あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる―あなたのそばは、呼吸がしやすい。ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。
    (引用終わり)


    やればできるじゃないか。

    『お稲荷さま。』みたいなだらだらした中途半端な作品と違って、
    ある程度のテーマとストーリーを持って書かれただろう作品。

    なかなか好きな感じです。

    特に、ばっさり切ってからじわじわと痛めつける構成。

    悪い状況から抜け出せたときの喜び。

    展開の早すぎて強引な点がラノベらしいとは思いましたが、
    こういう作品ならばまた読んでみたいと思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad