logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    厭魅の如き憑くもの

    地元の卓球サークルに入りそうです。
    同年代の方はあまりいなさそうですけどね。

    読み終えました。

    三津田信三『厭魅の如き憑くもの』
    厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
    (2009/03/13)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、最初の怪死事件が起こる。本格ミステリーとホラーの魅力が圧倒的世界観で迫る「刀城言耶」シリーズ第1長編。
    (引用終わり)

    分厚い文庫でしたので、毎日読んでいたのに結構掛かりました。
    ミステリー、ホラー、怪談、民俗学、宗教などなど、そういったものに興味のある方はぜひ。
    表紙はちょっと不気味ですが、雰囲気はばっちりですね。

    冒頭から怪しい世界へと誘われ、そして現実的、学術的なレベルに落とし込むかと思いきや
    不思議な事件が起こり…。

    文字の持つ意味、風習から推測できる形態、こういった民俗学的なところは創作なのかどうか気になる点。

    全体も細部も面白く、久しぶりにグッときたかもしれません。

    ところどころ、情景がイメージしにくいな、と感じてもそこに仕掛けがあったり、
    まぁ読み込んでいくと興味深い小説だろうと思います。

    シリーズ2作目を探さなくては。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad