logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    少女には向かない職業

    健康診断の結果が思いのほか悪く、ちょっと困っています。

    読み終えました。

    桜庭一樹『少女には向かない職業』
    少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
    (2007/12)
    桜庭 一樹

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    あたし、大西葵13歳は、人をふたり殺した…あたしはもうだめ。ぜんぜんだめ。少女の魂は殺人に向かない。誰か最初にそう教えてくれたらよかったのに。だけどあの夏はたまたま、あたしの近くにいたのは、あいつだけだったから―。これは、ふたりの少女の凄絶な“闘い”の記録。『赤朽葉家の伝説』の俊英が、過酷な運命に翻弄される少女の姿を鮮烈に描いて話題を呼んだ傑作。
    (引用終わり)

    面白い文体。

    良い雰囲気。
    特に場所が。
    序盤の爽やかさと中盤の重たい空気の対比が心地よい。

    少しのミステリー要素と、少女の時代。

    最後の耐えられない感じがこの小説の醍醐味だと思います。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad