logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    鼓笛隊の襲来

    やっぱり、テンションの上がり下がりが激しいです。

    読み終えました。

    三崎亜記『鼓笛隊の襲来』
    鼓笛隊の襲来 (集英社文庫)鼓笛隊の襲来 (集英社文庫)
    (2011/02/18)
    三崎 亜記

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    赤道上に発生した戦後最大規模の鼓笛隊が、勢力を拡大しながら列島に上陸する。直撃を恐れた住民は次々と避難を開始するが、「わたし」は義母とともに自宅で一夜を過ごすことにした。やがて響き始めたのは、心の奥底まで揺らす悪夢のような行進曲で…(『鼓笛隊の襲来』)。ふと紛れ込んだ不条理が、見慣れたはずの日常を鮮やかに塗り変えていく。著者の奇想が冴えわたる、驚異の傑作短編集。
    (引用終わり)

    現実世界の周辺に散らばっている、ありきたりなものを、
    うまいことアレンジすることで奇妙な世界を作っている。
    それがこの作者の持ち味というか、スタイルだと思います。

    どこか芸術に触れている感覚を得られる小説です。

    ただ、好きにはなれないし、
    何度も読む気にもなれない。

    いろんな意味で面白い小説です。

    あれですね、邦画にもこういう手法はありましたね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad