logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    新・本格推理04 赤い館の怪人物

    暑いような気もしますが、とりあえずクーラー嫌いの僕にしてはまだまだ普通。
    急激な変化は困りますけども。

    読み終えました。

    二階堂黎人 編『新・本格推理04 赤い館の怪人物』
    新・本格推理〈04〉赤い館の怪人物 (光文社文庫)新・本格推理〈04〉赤い館の怪人物 (光文社文庫)
    (2004/03/12)
    二階堂 黎人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    登竜門。注目のミステリ作家、柄刀一、石持浅海、東川篤哉らを次々と輩出した本シリーズは、職業作家への確かな道として定着した。寄せられた作品群から感じられる、煌めく才能と測り知れない将来性―中でも選りすぐりの8編を紹介する。斬新なトリック、緻密なプロット、独創的な構成…次代のミステリ界を担う逸材は、この中から生まれる。
    (引用終わり)
    文庫形式の雑誌です。一般の素人ミステリー作家が応募、二階堂黎人が編集長と。
    東川篤哉……はネタがしょうもない小説なので僕はあまり好きではありませんが、
    たしかに人気があります。
    石持浅海なんかはとても面白いです。

    そんな人らを発掘した場だとすると、期待が高まるってもんです。

    う~ん。

    どれもぱっとしない。
    基本的にこだわりが見えてこなくて、かっこ良さみたいなものが感じられない。

    気になった点を幾つか書くと、
    ・無用な設定が多い(都合が良い?)。登場人物の職業などの設定が必ずしも謎に絡まなくても良いと思うのですが…。
    ・T市、などどぼかした設定の癖に川の名前は創作。どうせならどっちも創作にするかぼかすか統一して欲しいような。
    ・日本語があちこち解りにくい&おかしい。
    ・登場人物の会話がどこかフィクションじみている。

    こうやって珍しく変わった形式の小説を読むと、
    小説を書くのって難しいんだなと改めて感じます。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad