logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    QED ~flumen~ 九段坂の春

    過度な運動はそれはそれでいかんと思うのですよ。

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~flumen~ 九段坂の春』
    QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)
    (2011/04/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    桜の木の下で、花びらを握り締めた男の死体が発見された。中学生の桑原崇が想いを寄せる、女教師・五十嵐弥生は事件に関係があるのか?崇の淡い失恋、棚旗奈々のファーストキス…小松崎、御名形らの学生時代が綴られ、いつしか複雑な糸は、1本の美しい「縁」となる。切なくも眩しい、QED青春編。
    (引用終わり)

    九段坂の春。
    北鎌倉の夏。
    浅草寺の秋。
    那智瀧の冬。

    あらすじにもあるように、それぞれ祟、奈々、小松崎、御名形の短編。

    歴史の謎は今回も非常に面白いのですが、いかんせん皆若い。
    語り手も祟ではなく、いわば一般の人。
    だからこそ全ての謎が明らかになる訳ではなく、少々の引っ掛かりが残ります。

    しかし、短編それぞれの事件もしっかり楽しめて、やはりこのシリーズは好きです。

    日本の歴史を知るには、古文が必要ですね。。
    初めてQEDシリーズを読んだのが大学一年の秋でした。今からでも遅くない…かな。

    最近流行りのようですし、浅草寺付近を散策してみたいものです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad