logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    獄門島

    1日の作業がほぼ無駄になる…?
    そんなことも仕事ではままあるようで。

    読み終えました。

    横溝正史『獄門島』
    獄門島 (角川文庫―金田一耕助ファイル)獄門島 (角川文庫―金田一耕助ファイル)
    (1971/10)
    横溝 正史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    獄門島―江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行ってくれ……』瀬戸内海に浮かぶ小島で網元として君臨する鬼頭家を訪れた金田一は、美しいが、どこか尋常でない三姉妹に会った。だが、その後、遺言通り悪夢のような連続殺人事件が!トリックを象徴する芭蕉の俳句。後世の推理作家に多大な影響を与え、今なお燦然と輝く、ミステリーの金字塔!!
    (引用終わり)

    あらすじが熱いです。

    横溝正史は、それほど好きでないのですが、すごいなぁと毎度思います。
    そこそこ読みやすい文体にも関わらず、おどろおどろしい雰囲気、
    特に死体発見シーンの戦慄を描くのが本当にうまい。

    今作で言うならば、殺人の動機のため、トリックのために、
    獄門島や登場人物を設定して、世界を作り上げたんでしょう。
    読者がその世界に序盤からすっと入ることができれば、
    とてつもない、作中では頻繁に使われている
    「気がちがっている」ような島を体感できるわけです。

    読後すぐには、「こんなトリック甘いんじゃ?動機がしょぼい」と思いましたが、
    この複雑な人間関係、社会の仕組みをよくよく考えてみると、
    それはなるほどと言っても良いものなのかもしれません。

    また、事件そのものはテンポよく、見返してみるとなぜこんなにこの本が分厚かったのか不思議なくらい。

    名作ミステリー、たまに読むといいもんですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad