logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    Ave Maria

    今週は残業があるのが常になってしまい、更新できませんでした。
    そんなときでも訪れてくださりありがとうございます。


    本日発売のアルバム買ってきました!
    B'z『C'mon』
    C'mon(通常盤)C'mon(通常盤)
    (2011/07/27)
    B'z

    商品詳細を見る

    なんか生き生きした感じですね。
    最近はCMに本人が出演したりと、新しい方向性を感じる2人。
    いつの間にかロック(ポップロック)とは呼ばれずに、「音楽ユニット」と呼ばれるようになり。
    曲というよりは、歌詞の雰囲気がどうも変わったなと思います。
    僕自身の受け取り方も変化してきているのですが、昔の曲の方が一曲一曲がどーんと胸に残ったかも。
    よく聴いてみます(笑

    日曜日くらいに読み終えました。

    篠田真由美『Ave Maria』
    Ave Maria アヴェ マリア (講談社文庫)Ave Maria アヴェ マリア (講談社文庫)
    (2010/08/12)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    酸鼻を極めた薬師寺事件から、はや十四年。時効を目前にした七月、蒼こと薬師寺香澄のもとに、謎の封筒が届いた。送り主は「響」、封筒の中身はただひとこと「REMEMBER」―。蒼は京介たちの手を借りずに、過去と向き合い記憶を辿り始める。『原罪の庭』の真相に迫る、「建築探偵シリーズ」最高傑作。
    (引用終わり)

    成長するミステリー。
    蒼の物語、第三部、完結編。

    『原罪の庭』も衝撃的でしたが、その下地からこんな物語を裏側に作ることができるとは。
    もちろん、当時から表に出ないエピソードは数多くあったのでしょうけれども。

    人の手を借りないことだけが成長ではありませんが、
    自分を確立する、という点ではいつか自分だけでの行動が求められるということ。

    あらすじには「建築探偵シリーズ最高傑作」とまでありますが、
    決してこの作品だけでは傑作になりません。
    このシリーズは時の流れがあるので、読者が読んできた物語の量によって、
    持っているエピソードに差が出てきます。
    特に、『原罪の庭』を読んでいないと少しも面白くないことからも、
    一つのピークなんだと言っておきたい。

    ちなみにノベルス版ではそろそろシリーズが完結するとか。
    なかなか目立たない作者ではありますが、
    のんびり楽しんでいこうと思います。

    では($・・)/~~~



    <追記>

    書き入れ時
    という言葉がありますが、
    この本を読むまで

    掻き入れ時

    だと思って…間違えていました。
    勉強できてよかった。。
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad