logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    嬲られる女/CUBE

    ふと、八海山を買ってきてしまいました。

    さて今日観たDVD。

    『嬲られる女』
    嬲られる女 [DVD]嬲られる女 [DVD]
    (2010/08/06)
    アレキサンドリア・ネルデル、クレーメンス・シック 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    誘拐された過去を持つ弁護士が恐ろしい殺人事件に巻き込まれていくエロティックサスペンス。突如、弁護士のアンナに殺人予告の電話が入る。悪戯と思い取り合わなかったアンナだが、予告通り女性の惨殺死体が発見され、事件の調査を開始する。
    (引用終わり)

    原題不明。(ドイツ語の為)

    セリフがドイツ語だとこんなにもしんどいとは。英語がそれほど得意でない僕も、多少は目と耳で映画を観ていたようです。

    パッケージなどの別のあらすじを見ると、ラップに巻かれた女性の死体、というフレーズを頻繁に見ます。
    その異様さをウリにしたいようですが、作中、それほど重要な位置を占めていないような…。

    ラストの乱暴な解決を無視すれば、そこそこ楽しめたサスペンスなのでは。

    まぁ、なぜこの人物が標的で、なぜ今回の事件が起こったか(犯人の動機ではない)がいまいち出てきてないのが残念。
    ちなみに、エロティック要素はあまり見られません。
    結局、どっかで嬲られている、という設定ですんで。


    『CUBE』
    CUBE ファイナル・エディション [DVD]CUBE ファイナル・エディション [DVD]
    (2003/12/03)
    モーリス・ディーン・ウィント、ニコール・デボアー 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    立方体の部屋へ閉じ込められた職業も性格も違う6人の男女が、死と隣り合わせの脱出劇を繰り広げるビンチェンゾ・ナタリ監督、脚本によるサスペンス。
    (引用終わり)

    CUBE.

    こちらは有名作品(?)。
    幾つかの小説で引用されていたと思うので借りてきました。

    なるほど、面白い。

    ミステリー要素は満載で、
    トリック(?)を見破るために仮説を立て、それを実行して実証を目指す。

    それでいて緊迫した空気は常にあり。

    とあるシーンでは僕も黙って見入ってしまいました。

    ラストシーンはその直前の会話によって補完されていたようで、
    うまくできてるな、と。

    最初のシーンが一番衝撃的だったか。

    ファイナルエディションだったので、原作短編(?)のおまけが見られなかったのが残念。
    ただ、未公開映像が見られました。このシーンはなくて正解…。
    画質が悪い(98年?)のも解りました。ディジタルリマスターとやらの力はすごいですね。

    『2』『0』と続編があるようなのでこちらはまた今度観たいと思います。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad