logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3

    夏休みもそろそろ終わり…学生時代とは大違いですね。
    まぁ短くなった分、僕にしてはぎっしり予定を詰めて充実した感じになったのかなと。

    旅行の際に飛行機で落語を聴いていたので、ふと読みたくなった本。

    読み終えました。

    田中啓文『ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺3』
    ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺 3 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺 3 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)
    (2010/02/19)
    田中 啓文

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    万年金欠状態の梅寿の個人事務所“プラムスター”に時代劇オーディションの話が舞い込んだ。一門をあげての参加の末に、合格したのは金髪トサカ頭の竜二。芝居の面白さにハマり込み、落語の修業も上の空。案じた梅寿は地方のボロ劇場に竜二を送り込むが、ここがまた曲者ばかりの芸人の巣。さらには東京vs大阪の襲名を賭けた世紀の対決が勃発して…。ますます快調!青春落語ミステリ第三弾。
    (引用終わり)

    今回も面白いハナシでした。

    落語と、その他の演芸との比較がなかなか良いです。

    また、派手な事件がなくともグッと重みのある短編になってます。

    やっぱり、一度は聴きに行かないと…。

    3巻で終わりかと思いきや、4巻が単行本で出ているらしい。

    これは文庫化が楽しみです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad