logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    ビブリア古書堂の事件手帳

    友人のMR-Sに乗せてもらって富士五湖周辺に行ってきました。
    オープンでMT車はとても魅力的でしたが…MRはエンジンが近くて暑(熱)かったです。

    読み終えました。

    三上延『ビブリア古書堂の事件手帳 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』
    ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
    (2011/03/25)
    三上 延

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも、彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは“古書と秘密”の物語。
    (引用終わり)

    ライトノベルにしておかなくてもいいような作品。
    ついでにサブタイトルも要らない気がします。

    短編形式で章立てしてあり、それぞれ古典作品が中心となって物語りが進む。
    僕は太宰と夏目漱石しか知りませんでした。

    本を巡っての日常ミステリーは非常に面白いです。
    ただ、本の薀蓄が…もう少し深いものだと良かったです。
    本をどのように分類するか、どう掘り下げていくかの違いかもしれませんが。

    次はなさそうなのでとりあえず他の作品読んでみますか。

    しかし最近メディアワークス文庫は面白そうな作品をどしどし出してますね。。
    電撃文庫とは違った路線のラノベを目指しているんだろうなー。
    うまく行けば広く受け入れられそうだと思います。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad