logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    QED 諏訪の神霊

    同期の金遣い状況を聞くと、自分が貯金に回しすぎている気がしてなりません。

    読み終えました。

    高田崇史『QED 諏訪の神霊』
    QED 諏訪の神霊 (講談社文庫)QED 諏訪の神霊 (講談社文庫)
    (2011/08/12)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    坂を滑り落ちる巨大な御柱に、男たちが荒々しく群がる「御柱祭」。75頭もの鹿の生首が捧げられた「御頭祭」。長野県・諏訪大社に伝わる、これらの奇祭を調べるため、同地を訪れた桑原崇と棚旗奈々は、不可思議な連続殺人事件に遭遇。御柱‐御贄柱‐怨念柱。千二百年続く謎が解けたとき、事件の真相も明らかに。
    (引用終わり)

    久しぶりのQED本編!

    最近の講談社のあらすじが下手なのは前にも何度か書いているので置いておいて。

    諏訪…。
    不思議な土地ですよね。
    この本を読んでますますそれは深まりましたが。

    いつもならば、なるほどそういう解釈をすると納まる!
    と思えるのですが、やはり仮説は仮説なのかなぁ…。
    謎がまだまだ残っています。

    この本は難しい。
    特に、祭りの話は、見たことがないのでイメージが難しかったです。

    今回の事件は、いままでのQEDシリーズ読者ならば割りと簡単に気付くもの。
    但し、当然事件だけが面白さではないので何の問題もありませんが。

    QEDシリーズもあと3作で終わりらしいです。

    長野はそれほど遠くないし、観光もいろいろできるし、車を買ったらぜひ行きたいところです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad