logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    少女不十分

    テンションだだ下がり。。

    読み終えました。

    西尾維新『少女不十分』
    少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
    (2011/09/07)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。僕はこの本を書くのに、10年かかった。
    「少女」と「僕」の不十分な無関係。
    (引用終わり)

    また西尾維新は面白い本を書いたもんです。
    小説でないと書いてあるので、小説ではないんでしょう。
    いや、まぁ、その判断はきっと読者が。

    あらすじというか、裏表紙にある通り、娯楽には向いていないでしょうね。
    僕自身も、かなり力を入れて読んだように思います。
    これは恐らくわざとなのでしょうが、表現も面倒くさいし、
    少女に関する描写に異常なまでに気を遣って…。

    ラストシーンをどう取るかも、なかなか興味深いところです。
    深読みのしすぎかもしれませんが。
    僕としては、とてもミステリー的で好印象でした。
    綺麗だなと。

    歌野晶午にしても、一風変わった本というのは、何故か多くの人に読まれるようで。
    ただ、すぐに古本屋行きになっているように見えるのは、不思議です。

    最近はミステリーでない本でも、感じていることですが、
    先入観や予備知識というのは、読書時に邪魔になることも多いわけで。
    話題作には注意が必要ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad