logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    The MANZAI 2/3

    昨日(11/9)は"w-inds. 10th Anniversary BEST LIVE TOUR 2011"(オリンパスホール八王子)に行ってきました。
    歌とダンスと、光と、観客と。1曲1曲がとても豪華で、大事にステージが作られてるなぁと。
    かっこよくて、楽しめました。

    読み終えました。

    あさのあつこ『The MANZAI 2』
    The MANZAI〈2〉 (ポプラ文庫ピュアフル)The MANZAI〈2〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
    (2010/02)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    文化祭を笑いの渦に巻き込んだ『漫才ロミオとジュリエット』から半年、瀬田歩と秋本貴史にとって中学最後の夏が来た。歩は、夏祭りで漫才をやろうと誘う貴史に対し、断固拒否の態度をとり続けている。一方、貴史の幼なじみ・萩本恵菜への思いはつのるものの、進展はない。そんな中、恵菜をめぐってある「事件」が勃発した―。今もっとも注目を集める作家の人気シリーズ第二弾。
    (引用終わり)

    あさのあつこ『The MANZAI 3』
    The MANZAI〈3〉 (ポプラ文庫ピュアフル)The MANZAI〈3〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
    (2010/02)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    漫才コンビ結成を拒否し続ける瀬田歩。彼はある日、病院の廊下で萩本恵菜を見かける。暗い表情で歩く美少女・メグの身に、いったい何が?一方、歩を口説き続ける秋本貴史も難局に直面していた。特設ステージでの漫才を目論んでいた夏祭りが、中止になりそうなのだ。歩、貴史、メグ、それぞれの想いを乗せ、夏の日は過ぎゆく―。大人気青春小説シリーズ、待望の第三弾。
    (引用終わり)

    夜勤週なので、有給休暇をもらって遊んでも、夜中は起き続けなくちゃいけないという…。
    まぁ読書の秋ということで、のんびり読んでいました。

    待望の、という枕詞が似合う小説だなと。
    もっとこの世界に浸っていたいと思ってしまいます。

    漫才をメインに据えるのかと思いきや、
    中心にはあるけれども、どこか置いてけぼりな印象。(悪い意味ではないのですが)
    人間模様の面白さが前に出ているような。
    まぁどこぞの落語が題材の小説とは少し作りが違うということで。

    あったかい気持ちになれる良い小説です。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad