logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    殺してもいい命

    さむいですね。

    読み終えました。

    秦建日子『殺してもいい命 刑事 雪平夏見』
    殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)殺してもいい命---刑事 雪平夏見 (河出文庫)
    (2011/07/05)
    秦 建日子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「殺人ビジネス、始めます。新規開業につき、最初の三人までは、特別価格三〇万円でご依頼お受けします」―左胸にアイスピックを突き立てられた死体の口には、赤いリボンで結ばれたチラシが突っ込まれていた。殺された男の名は…雪平夏見、最も哀切な事件が幕を開ける。
    (引用終わり)

    珍しく物騒なタイトル。
    そして、今思えばどことなく尊大にも感じられるペンネームの作者。

    3作目とは難しいものです。
    面白かったのですが、満足度は低め。

    雪平夏見シリーズというか、アンフェアシリーズというか、
    それに触れてからもう6年近く経っている所為でしょうか。

    単発の映画でこの内容だったら、はらはらどきどき楽しめたと思います。
    元(?)脚本家の肩書きは重いですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad