logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    狐火の家

    読み終えました。

    貴志悠介『狐火の家』
    狐火の家 (角川文庫)狐火の家 (角川文庫)
    (2011/09/23)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。第一発見者の父が容疑者となるが…(「狐火の家」)。表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾。
    (引用終わり)

    貴志悠介の作品は、それほど数が多くない分、非常に緻密なものばかりです。
    「硝子のハンマー」に続く、防犯コンサルタントと弁護士のシリーズ。
    今回は短編集ですが、どれもしっかりした筋になってます。
    ミステリー小説らしく、警察の会話や行動はやや嘘くさくなってますが、
    そこがまた安心して読めるポイントかと。

    密室モノばかりのこの本ですが、トリックはともかく、結末への持って行き方が好きです。
    特に最初の2つはラストのすっきりした感じが良い。

    ところどころに混じる専門知識が嬉しい(?)ですね。
    『黒い牙』でのアレに対する知識はあまり要らないですが…。

    既に次の作品が出ているらしいので、文庫化が楽しみなミステリーです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad