logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    かばん屋の相続

    「明日に希望を持った者だけに 絶望があるんだ
     何かを信じた者だけに 裏切りはあるんだ」
                     RADWIMPS『億万笑者』より

    こういう前向きさ、僕は好きです。

    読んだのはきっと2週間前くらい。

    池井戸潤『かばん屋の相続』
    かばん屋の相続 (文春文庫)かばん屋の相続 (文春文庫)
    (2011/04/08)
    池井戸 潤

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    池上信用金庫に勤める小倉太郎。その取引先「松田かばん」の社長が急逝した。残された二人の兄弟。会社を手伝っていた次男に生前、「相続を放棄しろ」と語り、遺言には会社の株全てを大手銀行に勤めていた長男に譲ると書かれていた。乗り込んできた長男と対峙する小倉太郎。父の想いはどこに?表題作他五編収録。
    (引用終わり)

    表題作もなかなかに良い感じですが、
    他の五編もそれぞれ良い味があります。

    単に銀行員が主人公なだけで、人生のドラマを描いた小説だったり、
    金融機関ならではのはらはらどきどきがあったり。
    特に会社と銀行(信金)のやり取りってのは、その後ろに何人もの人生があったりするんだなぁと。
    自分の会社でも、どこかの部署の人はきっとそういうやり取りをしているんだろうなぁと。

    「妻の元カレ」はラストの文が綺麗です。
    よどんでみじめな思いがあるのに、なんでだろう。

    この本を読んでからだと、
    帯の文句に惹かれます。

    いろいろあるさ。
    でも、それが人生だ。


    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad