logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    ガリレオの苦悩


    読み終えました。

    東野圭吾『ガリレオの苦悩』
    ガリレオの苦悩 (文春文庫)ガリレオの苦悩 (文春文庫)
    (2011/10/07)
    東野 圭吾

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    “悪魔の手”と名のる人物から、警視庁に送りつけられた怪文書。そこには、連続殺人の犯行予告と、帝都大学准教授・湯川学を名指して挑発する文面が記されていた。湯川を標的とする犯人の狙いは何か?常識を超えた恐るべき殺人方法とは?邪悪な犯罪者と天才物理学者の対決を圧倒的スケールで描く、大人気シリーズ第四弾。
    (引用終わり)

    いつの間にか大人気になってしまったこのシリーズ。
    ドラマが始まるまでは、かなり隅っこに追いやられていた作品なのに。
    (この本も単行本はドラマ放映前に出ているらしい)

    さて、そんなこんなで。
    取り敢えず、面白かったです。
    ところどころに科学の知識を散りばめてあるのがいいですね。
    「理科って何の役に立つの?」って疑問を解消してくれる助けになるんじゃないでしょうか。

    多くの人が読みやすく、解りやすく、感動しやすい(?)東野作品。
    その分どこかテレビっぽいというか、薄い印象を受けてしまいますね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad