logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    葬神記


    化野燐『葬神記 考古探偵一法師全の慧眼』
    葬神記 考古探偵一法師全の慧眼 (角川文庫)葬神記 考古探偵一法師全の慧眼 (角川文庫)
    (2011/03/25)
    化野 燐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    怜悧な頭脳とカミソリのような態度。一法師全は私設研究所に所属する文化財専門のトラブル・シューターで“考古探偵”の異名を持つ。アルバイトの古屋は遺跡の発掘現場で運悪く死体を発見して警察に連行されてしまう。“ぬかとさま”の崇りという噂が一人歩きをはじめる中、教育委員会から依頼を受けた一法師の登場によって事件は解決するかに見えたが、それは始まりに過ぎなかった。考古学ライトミステリ、シリーズ第1弾。
    (引用終わり)

    以前読んだ化野作品はファンタジー性が強すぎてイマイチでしたが、
    これは面白い。

    わざわざ“探偵”と付けているのが非常にダサい上、
    探偵役のキャラがどこぞの探偵と少々似ているのが残念。

    ただ、短編に近い形式でテンポ良く進みますし、
    考古学の話もでてきて興味深い。
    ミステリー小説としてはただややこしいだけのような。。

    遺跡や出土品なんかも今後見ていくと面白いのかもしれません。
    そうだ、博物館に行こう。

    そういえば小学生のときには考古学者になってみたいとか思ったものです。
    大学で史学科にいった人もいたなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad