logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    犬神博士

    読み終えました。

    夢野久作『犬神博士』
    犬神博士 (角川文庫)犬神博士 (角川文庫)
    (2008/12/25)
    夢野 久作

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    おカッパ頭の少女のなりをした踊りの名手、大道芸人の美少年チイは、風俗壊乱踊りを踊ってワイセツ罪でつかまるが、超能力ぶりを発揮して当局者をケムにまく。つづいていかさま賭博を見破ったり、右翼玄洋社の壮士と炭坑労働者とのケンカを押さえるなど八面六臂の大活躍。大衆芸能を抑圧しようとする体制の支配に抵抗する民衆のエネルギーを、北九州を舞台に、緻密で躍動的な文体で描き出す、夢野文学傑作の一つ。
    (引用終わり)

    すごい!
    昭和の初め頃に書かれた作品だそうで。

    あらすじでは何のことやら解りませんし、
    ○○小説、とジャンルを括れるものでもなさそうです。

    しかし、面白い。細かい部分ではなかなか感想が言えませんが。。

    傑作、とあらすじに書かれたもので、珍しく共感できたものです。

    夢野久作は好きだなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad