logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    大東京四谷怪談

    中学2年くらいから車に興味を持ち始めて10年…
    ついに自分の車を持つことができました。

    お金で買えるものなので、かなり簡単な部類ではありますが、
    これもひとつの夢の実現。ちょっぴり感動。

    高木彬光『大東京四谷怪談』
    大東京四谷怪談 (角川文庫)大東京四谷怪談 (角川文庫)
    (2008/06/25)
    高木 彬光

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「現代版四谷怪談」を書き下ろす劇作家のもとに、お岩を名乗る女から執筆を中止せよと再三脅迫電話がかかる。そして、その言葉を裏付けるように、お岩の蝋人形を制作中の職人が殺害された…これが、四谷怪談をなぞる連続殺人の幕開けだった。陽気な未亡人こと私・村田和子は、謎の名探偵・墨野隴人と共に事件解決にのりだすが―?格をきわめて格を破る、本格、変格ならぬ、破格探偵小説。
    (引用終わり)

    東海道四谷怪談もろくに知らない僕が読むべき本ではなかったかも。

    ただ、有名な作品だけあって、小説としてしっかりとした作りだと感じました。

    まぁシリーズものの一作(探偵)なので、ちょっと話の見えない部分もありましたが。

    フェアなミステリーではありませんが、面白いものではありました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad