logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    少女

    像!をのみこんだウワバミのこころ ベッドでなくー
    憎悪!とはどこからはきだされるの こたえはかぜのうえー

                                 -像のブルース より-

    読み終えました。

    湊かなえ『少女』
    少女 (双葉文庫)少女 (双葉文庫)
    (2012/02/16)
    湊 かなえ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く―死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。
    (引用終わり)

    すげー。
    『告白』での感覚はここでも生きています。
    主人公や舞台やテーマは違うけれども、
    ちょっとしたセリフだったり登場人物の態度だったりがグッとくる。
    ひねくれものだということでしょうか。

    まだまだ読みたい作家。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad