logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#5

    忙しいくらいが良いのかもしれない。

    今週読んだ本。

    藤ダリオ『同葬会』
    同葬会 (角川ホラー文庫)同葬会 (角川ホラー文庫)
    (2011/03/25)
    藤 ダリオ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    芸大に通う奈央の元に高校の同窓会の案内が届いた。久しぶりの地元で、奈央はテニス同好会のメンバー雅也と再会し胸をときめかせる。しかしその夜発生した同好会リーダーの死亡事件が、予想もできない恐怖へとメンバーを引きずり込む。その日以来、同窓会出席者が次々と不審な死を遂げていく。この謎の葬列の連鎖を食い止めることはできるのか?!そして、最後に残ったのは?疾走する最恐ジェットコースター青春ホラー。
    (引用終わり)

    以前読んだ本が面白かった作家ではありますが、どうってことない内容。
    あとがきで作者が書いているように「作者の書きたかったもの」でしかないのかな。
    自己満足で終わるのか、それが傑作となるかは腕次第でしょう。

    甲田学人『Missing3』
    Missing〈3〉首くくりの物語 (電撃文庫)Missing〈3〉首くくりの物語 (電撃文庫)
    (2002/01)
    甲田 学人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    図書館の本にまつわる三つの約束事。一、図書館にある『持出禁止』の本は、できるだけ読んではいけない。それには呪われた本が混じっている。二、著者の死後に書かれた本。これは決して読んではいけない。死の世界へと引き込まれてしまう。三、本を読んでいる途中に寒気がしたら、決して振り返ってはいけない。その時、あなたの後ろには死者が立っている。日下部稜子の持ち物に借りたはずのない一冊の本が混ざっていた。表紙の裏に押された『禁帯出』のスタンプ。その本を「自分が返す」と言って持って帰った稜子の姉が首を吊って死んだとき、何かが動き始めた…!人気の現代ファンタジー第3弾。
    (引用終わり)

    甲田学人『Missing4』
    Missing〈4〉首くくりの物語・完結編 (電撃文庫)Missing〈4〉首くくりの物語・完結編 (電撃文庫)
    (2002/03)
    甲田 学人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    あるところにお母さんと、三人兄弟がありました。お母さんは病気が悪くて、山梨がくいたいと言いました…。昔話『奈良梨取り』―。そこに秘められた“真実の意味”が多くの人々を首くくりに誘ってきた。そして今、死の連鎖を断ち切るべく、空目恭一が動き出す。すべての謎を解き明かしてくれるはずの一冊の書物―『奈良梨取考』を追う彼らの前に現れたのは、魔術に狂った一人の死人の妄執だった…。異端の著作家・大迫栄一郎―“彼”と“首くくり”と“奈良梨取り”にまつわるすべての謎が解き明かされる―。超人気現代ファンタジー、第4弾。
    (引用終わり)

    昔話、物語。
    非常に綺麗にまとまってきたのかなと思います。

    しっかし3巻から上下巻構成とは。

    あと10巻くらい、どう続いていくのか楽しみです。

    綾辻行人『時計館の殺人<新装改訂版>(上)』
    時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)時計館の殺人<新装改訂版>(上) (講談社文庫)
    (2012/06/15)
    綾辻 行人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    鎌倉の外れに建つ謎の館、時計館。角島・十角館の惨劇を知る江南孝明は、オカルト雑誌の“取材班”の一員としてこの館を訪れる。館に棲むという少女の亡霊と接触した交霊会の夜、忽然と姿を消す美貌の霊能者。閉ざされた館内ではそして、恐るべき殺人劇の幕が上がる!第45回日本推理作家協会賞に輝く不朽の名作、満を持しての新装改訂版。
    (引用終わり)

    綾辻行人『時計館の殺人<新装改訂版>(下)』
    時計館の殺人<新装改訂版>(下) (講談社文庫)時計館の殺人<新装改訂版>(下) (講談社文庫)
    (2012/06/15)
    綾辻 行人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    館に閉じ込められた江南たちを襲う、仮面の殺人者の恐怖。館内で惨劇が続く一方、館外では推理作家・鹿谷門実が、時計館主人の遺した「沈黙の女神」の詩の謎を追う。悪夢の三日間の後、生き残るのは誰か?凄絶な連続殺人の果てに待ち受ける、驚愕と感動の最終章!第45回日本推理作家協会賞に輝く名作。
    (引用終わり)

    相変わらず買ってしまう新装改訂版。
    高校生の時とは感性が変わってしまった部分もあるのかなと思います。

    楽しめました。
    やっぱ綾辻さん好きです。

    シンプルなトリックとラストのシーンばかりが印象に残りがちですが、
    実は結構練られている部分もあったんですね…。

    米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』
    夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)
    (2006/04/11)
    米澤 穂信

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?待望のシリーズ第二弾。
    (引用終わり)

    凝っているようでライトノベル臭のぷんぷんする軽い作品。

    気楽に読めてよかったです。

    結構こういう雰囲気好きです。

    では($・・)/~~~

    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad