logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#8

    先週は伊豆とか熱海とかに旅行していたので記録忘れました。
    関東平野から少し出ると、日本は山と海の国なんだなぁなんて思います。

    ところで「#」を「ナンバー」ではなく「シャープ」と読む人が……。
    間違いではないのでしょうが。

    雫井脩介『犯罪小説家』
    犯罪小説家 (双葉文庫)犯罪小説家 (双葉文庫)
    (2011/05/11)
    雫井 脩介

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    新進作家、待居涼司の出世作『凍て鶴』に映画化の話が持ち上がった。監督・脚本に選ばれた奇才・小野川充は独自の理論を展開し、かつて世間を騒がせた自殺系サイト「落花の会」を主宰していた木ノ瀬蓮美の“伝説の死”を映画に絡めようとする。一方、小野川に依頼されて蓮美の“伝説の死”の謎に迫り始めたライターの今泉知里は、事件の裏に待居と似た男の存在があると気づき―。その企み、恐怖は予測不能。待望の文庫化。
    (引用終わり)

    単行本刊行時に非常に面白そうで、やっと読めた!
    と思いきや…最初の数十頁でややがっかり。

    映像化を見越しているような描写と題材。
    小説としての面白さじゃないなぁ。

    あらすじには予測不能なんて書いてありますが、
    概ね先が読めます。

    全体的に好みでなかった本。

    甲田学人『Missing12』
    Missing〈12〉神降ろしの物語 (電撃文庫)Missing〈12〉神降ろしの物語 (電撃文庫)
    (2005/03)
    甲田 学人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    聖創学院をむしばむ多すぎる数の怪談―だが、その怪談はある時期から徐々に数を減らし始めていく。同時にいくつかの特定の噂がささやかれる頻度は著しく上がっていき…その先に待っているのは、魔女の望む世界なのか―。超人気現代ファンタジー第12弾。
    (引用終わり)

    作品を終えるって難しいんですね。
    そこはセンスなのか経験なのか。
    このシリーズは少々無理がありますな。

    どんどんとラノベらしい…ファンタジーの世界に移行していって。

    甲田学人『Missing13』
    Missing〈13〉神降ろしの物語・完結編 (電撃文庫)Missing〈13〉神降ろしの物語・完結編 (電撃文庫)
    (2005/06)
    甲田 学人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    神隠しの少女、あやめ。神隠しに遭い、戻ってきた空目恭一。その空目を護ることを誓った村神俊也。呪われた血を持つ木戸野亜紀。愛のために友を裏切った近藤武巳。近藤のことをただ慕う日下部稜子。人にあらざるモノ、神野陰之。ひたすらに知識と力を渇望する魔術師、小崎摩津方。呪われた土地に立つ聖創学院。異界の世界を望む魔女、十叶詠子。すべての因果が揃い、そしてかつて神が棲んだ山から、“ソレ”がやって来る―。超人気現代ファンタジー、ついに完結。
    (引用終わり)

    そうなりますか。

    まぁまぁ楽しめたシリーズでした。

    江戸川乱歩『孤島の鬼』
    孤島の鬼  江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7) (角川ホラー文庫)
    (2009/07/25)
    江戸川 乱歩

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    初代は3歳で親に捨てられた。お守り代わりの古い系図帳だけが初代の身元の手がかりだ。そんな初代にひかれ蓑浦は婚約を決意するが、蓑浦の先輩で同性愛者の諸戸が初代に突然求婚した。諸戸はかつて蓑浦に恋していた男。蓑浦は、諸戸が嫉妬心からわざと初代に求婚したのではないかと疑う。そんなある日自宅で初代が殺された。これは恐ろしく壮大な物語の幕開けに過ぎなかった―。
    (引用終わり)

    最近読んだ乱歩小説の中では、一番辛かった。
    綾辻さんだかが昔書いていましたが、
    ミステリーと畸形(奇型?)ってのは密接な関係にあるとかないとか。

    おぞましい、という意味ではこれはホラー。うまいもんだ。

    三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』
    まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
    (2009/01/09)
    三浦 しをん

    商品詳細を見る


    人気らしいと友人・家族から薦められて。

    読んでいて楽しい、と思える本。

    万城目学『プリンセス・トヨトミ』
    プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
    (2011/04/08)
    万城目 学

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    このことは誰も知らない―四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。
    (引用終わり)

    こういう小説が持て囃されるのですか。
    キャラクターがどうとか、世界の設定がどうとかよりも、
    ラストがなぁ。
    それっぽいぼやぼやっとしたハッピーエンドまがいのものの良さが解りません。

    時雨沢恵一『キノの旅ⅩⅢ』
    キノの旅〈13〉the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅〈13〉the Beautiful World (電撃文庫)
    (2009/10/10)
    時雨沢 恵一

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「何だ?」キノが『フルート』を構えてスコープを覗いて、今いる丘の上から地平線を見下ろします。しばらくして、ようやくそれが何か分かりました。大量の土煙を生み出していたのは、大地を埋め尽くすような大型動物の大群でした。大きく太い体と頑丈そうな四肢を持つ、鈍い灰色をした草食動物です。「この辺に住むサイの一種、だね。水が欲しくて集団で移動中なんだよ」エルメスが言いました。灰色のサイの群は、何千頭、または何万頭いるのか分かりませんが、濁流のような密集度と勢いで大地を進んできます。その進む先には―「あ…」『フルート』を向けたキノが、声を漏らしました(「この世界の話・b」)他全11話収録。
    (引用終わり)

    そろそろ新刊に追いつくかと思いきやまだ2009年発行。
    よくぞまぁこれだけショートストーリーがあるもんです。
    それだけ、人間の作る組織ってのは興味深いのかもしれませんね。

    桜庭一樹『私の男』
    私の男 (文春文庫)私の男 (文春文庫)
    (2010/04/09)
    桜庭 一樹

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    狂気にみちた愛のもとでは善と悪の境もない。暗い北の海から逃げてきた父と娘の過去を、美しく力強い筆致で抉りだす著者の真骨頂。
    (引用終わり)

    結構な衝撃を受けます。

    だから評価された、ってことでもないと思いますが。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad