logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#2

    計画性が大事です。

    三津田信三『忌館』
    忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)
    (2008/07/15)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    奇妙な原稿が、ある新人賞に投稿された。“私”は友人から応募者の名が「三津田信三」だと知らされるが、身に覚えがない。そのころ偶然に探しあてた洋館を舞台に、“私”は怪奇小説を書きはじめるのだが…。本格ミステリーとホラーが見事に融合する三津田信三ワールドの記念すべき最初の作品が遂に登場。
    (引用終わり)

    以前挫折した『ホラー作家の棲む家』の文庫版。
    改めて読んでみると、それほど読み難い文でもないかな。

    ただ、ホラーとミステリーの融合と言うには、ホラーに偏った作品であると思いますね。

    あと、表紙がいけません(笑

    青柳碧人『浜村渚の計算ノート』
    浜村渚の計算ノート (講談社文庫)浜村渚の計算ノート (講談社文庫)
    (2011/06/15)
    青柳 碧人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった。新時代数学ミステリー。
    (引用終わり)

    人が死んでいるのに扱いは軽くて、しかもそれ自体にはあまりスポットを当てず、
    数学(というよりは数字遊び)にばかり…
    まぁ、ひとつの新しいジャンルなんでしょう。

    次の巻でどう広がるか、ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad