logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#5

    昔はメール好きだったんですけどね。
    最近は電話とか、実際に合って話す方が好きです。
    時間のゆとりの無さでしょうか。それとも……。

    今週読んだ本。

    夢野久作『あやかしの鼓』
    あやかしの鼓―夢野久作怪奇幻想傑作選 (角川ホラー文庫)あやかしの鼓―夢野久作怪奇幻想傑作選 (角川ホラー文庫)
    (1998/04)
    夢野 久作

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    鼓作りの男が想い焦がれた女性へ、嫁ぐ時に贈った自作の鼓。その音色は尋常とは違い、皆を驚かせた。それは恐ろしく陰気な、けれども静かな美しい音であった…。夢と現実とが不思議に交錯する華麗妖美な世界。表題作をはじめ、その粋を集めた夢野文学の入門書ともいえる決定版の一冊。
    (引用終わり)

    あらすじにある通り、読みやすい作品が多いです。入門にどうぞ。

    「死後の恋」「瓶詰地獄」など既に読んだ作品も含まれてましたが、
    やっぱり良いですね。
    「いなか、の、じけん」は楽しみにしていた一作。
    短編の中に短編集が入っているような構成。

    90年くらい前の小説ですが、現代でも変わらず、という部分は多々あるものですね。


    アサウラ『ベン・トー』
    ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー サバの味噌煮290円 (ベン・トーシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
    (2008/02/22)
    アサウラ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ビンボー高校生・佐藤洋はある日ふらりと入ったスーパーで、半額になった弁当を見つける。それに手を伸ばした瞬間、彼は嵐のような「何か」に巻き込まれ、気づいた時には床に倒れていた。そこは半額弁当をめぐり熾烈なバトルロワイヤルが繰り広げられる戦場だったのだ!その不可思議な戦いに魅せられた佐藤は、そこに居合わせていた同級生・白粉花とともに半額弁当の奪取を試みるが、突如現れた美女、「氷結の魔女」に完膚なきまでに叩きのめされる。そして、その美女が佐藤に告げた言葉は…。第5回大賞作家の新境地、庶民派学園シリアス・ギャグアクション、開幕。
    (引用終わり)

    何がハーフプライス同好会じゃー。
    全然面白くなかった。。これが話題になった作品ですか。
    それともアニメだと上手い(むしろ旨い)のですか?

    やってることはとてもしょうもなくて、
    ただ『学校の階段』シリーズのような例もあるし、ってことで読んだのですが。

    キャラクターが見えないんですよねぇ。
    挿絵とプロフィールで想像してください、っていう文体。

    あと、戦闘シーンが下手な作家は多いですね。

    まとめ買いしなくてよかった。。。

    三崎亜記『廃墟建築士』
    廃墟建築士 (集英社文庫)廃墟建築士 (集英社文庫)
    (2012/09/20)
    三崎 亜記

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    いつか崩れて自然へと回帰していく姿に魅せられ、「私」は廃墟を造り続けてきた。時の経過によって醸成される廃墟こそが、その国の文化的成熟度を表すのだ。だがある時、「偽装廃墟」が問題となり…(『廃墟建築士』)。七階での事件が多発し、市は七階の撤去を決定した。反対する市民は決起集会を開くが…(『七階闘争』)。意識を持つかのような建物に現実と非現実が同居する、不思議な4編の物語。
    (引用終わり)

    表題作のタイトルに惹かれ、ずっと欲しかった一冊。

    うーん、期待はずれでしたね。

    アイデアは奇抜で、その展開と世界にぶれは無いし、
    十分に入り込んでいけるだけの準備は整ってます。

    ただなぁ、どうも真面目に読む気にならない。

    それこそ「不思議」の一言しか読後に得られないような不安があるというか。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad