logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    a flood of circle「FUCK FOEVER」RELEASE ONEMAN TOUR 2013”俺はお前のかませ犬じゃないツアー”

    昨夜は職場の飲み会でしてね。
    偉い人がいないので趣味と下世話な話で盛り上がりました。
    パンク好きとメタル好きとオルタナティブ好きが相容れないで語り散らかす中、
    なぜかthe band apartの評価だけは一致。
    面白いもんです。

    今日はライブに行ってきました。
    え、もうあれから一ヶ月?!という感覚です。。

    『a flood of circle「FUCK FOEVER」RELEASE ONEMAN TOUR 2013”俺はお前のかませ犬じゃないツアー”』

    タイトル長っ。
    @新宿ロフト。
    当日まで黄色い看板が有名な雑貨屋さんだと本気で思ってました…。

    新宿は好きになれない街ですね。
    池袋も大概汚いもんですが、
    どうも新宿は大人のえぐい、ろくでもない部分が見えてしまうので。
    歌舞伎町の帰り道なんかひどいもんでした。

    ところで、音響のいまいちな会場でした。
    お客さんの雰囲気としては小さいところの方が良いのですが。
    体調がよくなかったのか頭痛で視界がゆらゆら揺れてましたし。
    寧ろその所為で耳もダメだったのか?

    しかしなんだかんだ言って好きなバンドのライブは楽しいものです。
    特に今回は
    フェルディナン・グリフォン・サーカス
    ノック
    象のブルース
    の3曲が聴けたのは大きいです。
    「ぴえろぴえろ」喚いているのが印象的な曲で、なぜかカラオケに設定されていたサーカス。
    仕事をしながら生きている理由って何だろうと考えていたときによく聴いてました。
    自分はどんな道化を演じるんでしょう。
    ロックンロールとブルースを信条にしているバンドですが、
    ブルースと題した幾つもの曲の中で、はじめにピンと来た曲が象のブルースでした。
    ノックは単純に前向きな歌詞と曲・歌が綺麗なので(笑

    新曲も良い感じでしたし、
    服装は相変わらずかっこいいし(ルードギャラリー?)。
    MCでポロっと漏らしていた、
    大きな会場じゃないと見えない景色ってのもあるんだろうなと。
    おっきなとこでも観てみたいですね。

    …どうやら最終(カーテンコール後?)に佐々木亮介弾き語りのBLUES MANをやっていたらしい。
    バーのあるライブハウスだからもしやとは思いましたが帰ってましたので仕方ない。

    次はランクヘッドだー。

    では($・・)/~~~

    <追記>
    毎度のうろ覚えセットリスト。
    順番も気持ち意識しました。

    ・Summertime Blues Ⅱ
    ・Diver's High(VAVAVAVAVAVAVA)
    ・Blood Red Shoes
    ・KINZOKU Bat
    ・フェルディナン・グリフォン・サーカス
    ・ミッドナイト・サンシャイン
    ・Sweet Home Battle Field
    ・新曲
    ・ブラックバード
    ・FUCK FOREVER
    ・見るまえに跳べ
    ・The Cat Is Hard-Boiled
    ・The Beautiful Monkeys
    ・泥水のメロディー
    ・シーガル
    ・プシケ
    ・ノック
    ・理由なき反抗 (The Rebel Age)
    ・象のブルース

    [encore]
    ・新曲(Dancing Zombiez)
    ・Human License
    ・賭け (Bet! Bet! Bet!)



    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad