logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#13

    GW明けは寝起きが悪くて困ります。

    読んだ本。

    佐藤多佳子『スローモーション』
    スローモーション (ポプラ文庫ピュアフル)スローモーション (ポプラ文庫ピュアフル)
    (2010/03)
    佐藤 多佳子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職、父さんは小学校教師でクソ真面目人間、母さんはお見合いでバツイチ堅物男と結婚した専業主婦。父さんはあたしに、修道女みたいなタイプを望んでいる。最近、いつも動作がスローな同級生・及川周子が気になってしかたがない―。『一瞬の風になれ』などで話題の著者による、ちょっと痛くて切ない少女たちの物語。
    (引用終わり)

    ピュアフル文庫……。
    良いですね。

    さらっと読めるけどじっくり読んだ気分です。

    真梨幸子『ふたり狂い』
    ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA)ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA)
    (2011/11/10)
    真梨 幸子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    女性誌「フレンジー」の人気連載小説「あなたの愛へ」。その同姓同名の主人公が自分だと思い込んだ川上孝一は、思い余って著者の榛名ミサキを刺してしまう。それに端を発して起こる、デパ地下惣菜売り場での異物混入事件、ネットでの企業中傷事件、そして郊外マンションでの連続殺人―だが、その背後には謎の女マイコの存在があった…。現態人のささやかな狂気と、連鎖する因縁の果てに明かされる驚愕すべき真実とは?『殺人鬼フジコの衝動』の著者が仕掛ける、もうひとつの罠。
    (引用終わり)

    『殺人鬼フジコ』より面白いとか話題の短編集。

    結構面白かったです。

    勘違いや思い込み、狂うと言ってもいろいろありますからね。

    佐藤多佳子『サマータイム』
    サマータイム (新潮文庫)サマータイム (新潮文庫)
    (2003/08/28)
    佐藤 多佳子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩しい、あの夏。他者という世界を、素手で発見する一瞬のきらめき。鮮烈なデビュー作。
    (引用終わり)

    デビュー作。
    評判は高いのですが、
    僕はそれほどでも…?

    他の佐藤多佳子作品を読んでみます。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad