logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#43

    土曜日も出勤、月曜日も出勤。
    世の中は三連休らしいですが?

    年末年始休暇まであと少し、何とか頑張りますか。

    蒼山サグ『ロウきゅーぶ!②』
    ロウきゅーぶ!〈2〉 (電撃文庫)ロウきゅーぶ!〈2〉 (電撃文庫)
    (2009/06/10)
    蒼山 サグ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    部長のロリコン疑惑から一ヶ月、ようやく周囲の噂も落ち着いてきた今日この頃。バスケへの想いを再燃させてくれた大恩ある少女たち五人のため、昴は再び慧心学園バスケ部のコーチに返り咲く。そして彼女たちのさらなる成長を目指し、小学校で合宿を行うことになったのだが、解決しなくちゃいけない問題は山積みで、「ふぁ…見てる。昴さんが、こっちっ」「ひな、おにーちゃんに見て欲しいなー」「…まー、すばるんもヒトノコだしな」「えへへ。紗季ちゃんはどうなのかな?」「ちょっと私まだそういうのは興味がっ」それ以上に色々な意味での問題が山積みでして―!?悩み多き少女たちに振り回されつつも、さわやかローリング・スポコメディ。
    (引用終わり)

    2巻も抱き合わせ的な感じで買っていましたが。

    展開は似たようなものでした。

    西尾維新『零崎曲識の人間人間』
    零崎曲識の人間人間 (講談社文庫)零崎曲識の人間人間 (講談社文庫)
    (2012/11/15)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    “少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に現れた。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる!
    (引用終わり)

    ボルトキープ。

    バトル漫画のようですね。
    少年漫画というか。

    戦闘シーンが上手いというのはやっぱり流石というところ。
    なかなか文字で表現するのは難しいですよねぇ。

    西澤保彦『聯愁殺』
    聯愁殺 (中公文庫)聯愁殺 (中公文庫)
    (2010/09/22)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    大晦日の夜。連続無差別殺人事件の唯一の生存者、梢絵を囲んで推理集団“恋謎会”の面々が集まった。四年前、彼女はなぜ襲われたのか。犯人は今どこにいるのか。ミステリ作家や元刑事などのメンバーが、さまざまな推理を繰り広げるが…。ロジックの名手がつきつける衝撃の本格ミステリ、初の文庫化。
    (引用終わり)

    一回途中まで読んで挫折した本。

    中間の推理合戦(?)がだるい。
    本格ミステリーは段々好みから外れてきたのかも?

    野崎まど『小説家の作り方』
    小説家の作り方 (メディアワークス文庫)小説家の作り方 (メディアワークス文庫)
    (2011/03/25)
    野崎 まど

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「小説の書き方を教えていただけませんでしょうか。私は、この世で一番面白い小説のアイデアを閃いてしまったのです―」。駆け出しの作家・物実のもとに初めて来たファンレター。それは小説執筆指南の依頼だった。出向いた喫茶店にいたのは、世間知らずでどこかズレている女性・紫。先のファンレター以外全く文章を書いたことがないという紫に、物実は「小説の書き方」を指導していくが―。野崎まどが放つ渾身のミステリー・ノベル改め「ノベル・ミステリー」登場。
    (引用終わり)

    まだまだ面白い野崎まど。

    SF小説かとんでも小説か。

    小説を書くということはどういうことなのか。

    土橋真二郎『楽園島からの脱出Ⅱ』
    楽園島からの脱出II (電撃文庫)楽園島からの脱出II (電撃文庫)
    (2012/08/10)
    土橋 真二郎

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    女子だけが持つ機器「ブリッツ」の効力をいち早く理解し、ゲームの主導権を握った沖田。だが、ゲーム攻略のためにペアを軽視する彼の行動は他の女子との軋轢を招き、一転して不利な状況に追い込まれてしまう。利用する者とされる者、男子と女子の力関係が表面化した中で続行される脱出ゲーム。その流れに反発する女子グループの台頭などゲームはさらなる混迷を見せる一方で、いまだ見えぬ“脱出”の条件…。果たして勝利を掴むのは?土橋真二郎が贈るノンストップゲーム小説。
    (引用終わり)

    もっとエグく、醜くできそうな題材でしたね。

    映像化したら映えそう。

    霧舎巧『一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎』
    一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス キG- 17)一月は合格祈願×恋愛成就=日常の謎 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス キG- 17)
    (2013/02/07)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    一月。正月早々、神社で強盗事件発生。それは犯人、被害者、凶器、証拠品が消失する前代未聞なものだった。以来、街では次々と不可解な出来事が!消える釣銭、一晩で玩具になる宝石、事件を完璧に予言する年賀状…七つの謎に霧舎学園の琴葉たちが翻弄される!学園ラブコメディーと本格ミステリーの二重奏、「霧舎が書かずに誰が書く!」“霧舎学園シリーズ”。一月のテーマは日常の謎。
    (引用終わり)

    これまた惰性で読んでいるシリーズ(笑

    日常の謎っていうのはもっとさりげないのが良いです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad