logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(1/27~1/31)

    レンタルコミックをがっつり立ち読みしている人を見ると
    (金銭的にではなく)貧しい人がいるものだなと思いますね。
    結局のところ、YouTubeで音楽が十分などと言う人も同じなのでしょうが。

    今週読んだ本。

    香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常②』
    妖怪アパートの幽雅な日常2 (講談社文庫)妖怪アパートの幽雅な日常2 (講談社文庫)
    (2012/09/28)
    香月日輪

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    半年間の寮生活を経て、寿荘に舞い戻ってきた夕士。妖怪、人間入り乱れての日々がふたたび始まった。ある日手にした「魔道書」の封印を解き、妖魔たちを呼び出してしまった夕士は、除霊師の卵・秋音に素質を見込まれ、霊力アップの過酷な修行をするはめに……。大ブレイクの好評シリーズ、怒濤の第2弾!
    (引用終わり)

    おぉっと方針転換が図られましたよ。

    主人公が魔物使いとなりました(違います)。

    これは面白くなりそうです。

    三上延『ビブリア古書堂の事件手帳5』
    ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
    (2014/01/24)
    三上延

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。
    (引用終わり)

    驚異のミリオンセラー。

    作品を書くための資料が半端ないらしいです。(著者談)

    しかし、全体の展開は非常にありきたりで、
    言わば読者が期待した方向へと進んでばかりですので、
    一回読めばお腹いっぱいですね。

    “本”の物語ではあるのですが、
    やはり古書そのものへの興味が薄い所為か
    冷めてしまいましたねぇ。

    西澤保彦『身代わり』
    身代わり (幻冬舎文庫)身代わり (幻冬舎文庫)
    (2012/10/10)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ポルノまがいの小説『身代わり』を書いてトラブルを抱える成績優秀の美人女子高生が自宅で殺された。しかも現場には、一人の警察官の遺体が。一方、五日前の深夜、大学生が公園で女性を包丁で脅し暴行をしかけたが反撃され自分の腹部を刺して死亡。無関係に見えた二つの事件が高瀬千帆と匠千暁の名推理で交錯するとき、複雑な悪意の糸が解け出す。
    (引用終わり)

    登場人物が何をやっていて、何が起こっているのか。

    タイトルと作品の合わせ方が秀逸。

    綾辻行人『黒猫館の殺人<新装改訂版>』
    黒猫館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)黒猫館の殺人〈新装改訂版〉 (講談社文庫)
    (2014/01/15)
    綾辻 行人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    大いなる謎を秘めた館、黒猫館。火災で重傷を負い、記憶を失った老人・鮎田冬馬の奇妙な依頼を受け、推理作家・鹿谷門実と江南孝明は、東京から札幌、そして阿寒へと向かう。深い森の中に建つその館で待ち受ける、“世界”が揺らぐような真実とは!?シリーズ屈指の大仕掛けを、読者は見破ることができるか?
    (引用終わり)

    前回読んだ時の感想を見返してみると、なるほど改訂版なのだということが解ります。

    「手記」が圧倒的に読みやすい。
    綾辻も“旧版に比べてテクストのリーダビリティはかなり上がっているものと思う”と書いてます。

    これだけ大きな謎で、
    これだけ多くの伏線が張ってあって、

    それでも楽しめるというのは幸せなことです。

    西尾維新『アニメ『化物語』副音声副読本(上)』
    アニメ『化物語』副音声副読本(上) (講談社BOX)アニメ『化物語』副音声副読本(上) (講談社BOX)
    (2012/04/26)
    西尾 維新、渡辺 明夫 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    アニメ『化物語』DVD&Blu‐rayに収録された、西尾維新書き下ろし脚本による副音声。ヒロイン達が本編をふりかえり、語りつくした約200分が、ディレクターズカット版でついに書籍化。
    (引用終わり)

    アニメ『化物語』DVD&Blu‐rayの何が良いかと言いますと、
    この脚本をもとに作られた、オーディオコメンタリーですよ。

    殆ど一本の作品とも言うべきものだとBlu-rayを見ながら思っていましたが、
    やはりこういうものがあったとは。

    いやしかし面白い。

    講談社BOX編『アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ貮 八九寺真宵』
    アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ貮 八九寺真宵アニメ<物語>シリーズヒロイン本 其ノ貮 八九寺真宵
    (2013/10/30)
    講談社BOX

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    迷子の少女・八九寺真宵。「失礼、噛みました」の決めゼリフで知られ、<物語>シリーズの会話パートの魅力を牽引してきたといえるツインテールの小学生。彼女がいなければ世界が変わってしまう、そんな八九寺の魅力に迫る一冊を、ヒロイン本第二弾として刊行します! 巻頭企画は文・西尾維新、絵・針玉ヒロキによる絵本「まいごのかたつむり」。ほか、声優・加藤英美里撮りおろしインタビュー、西尾維新×神前 暁の音楽対談、トリビュートイラストなどなどをつめこんだフルカラー48P。表紙はもちろん、渡辺明夫描きおろし! 【仕様】 フルカラー48P、A4変形判。
    (引用終わり)

    要はファンブック。
    西尾維新の対談は初めて読むものでしたが、興味深いですね。
    ただ何となくで書けてしまう才能がありながら、面白くなるように苦悩しているという。

    声優・加藤英美里さんも好きなのでまぁ割高な本とは思いますが満足です。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad