logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(2/17~21)

    結局雪のなか頑張りました。
    評価されるのは良いことだと思いますが、下手に頑張り過ぎてさらに上のレベルを要求されるようになり
    それはそれでしんどいです。

    家入レオ『a boy』を聴いて休憩します。
    ライブ行ってみたいけどホールばっかか。。

    大石圭『薔薇の足枷』
    薔薇の足枷 (幻冬舎アウトロー文庫)薔薇の足枷 (幻冬舎アウトロー文庫)
    (2013/12/05)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ある事件で教師の職も家族も、全てを失った龍一。絶望の中、頭をよぎるのは自分の人生を狂わせた生徒・弥生の面影だった。衝動を抑えきれずに再会した弥生は美しい青年に成長していて、龍一はふたたび憎くて愛しい男の体にずぶずぶと溺れてゆく。だが弥生は胸に冥い決意を秘めていた…。残虐でエロティック、男どうしの愛を描いた官能長編。
    (引用終わり)

    大石作品を追ってきた僕ですが、
    これはちょっと…。

    男同士の官能小説…。
    BLってのはこういうものなのかもっとライトなのか解りませんが、
    読んでいて楽しいものではなかったですね。

    長月達平『Re:ゼロから始める異世界生活1』
    Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活1 (MF文庫J)
    (2014/01/23)
    長月 達平

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された高校生・菜月昴。これは流行りの異世界召喚か!?しかし召喚者はおらず、物盗りに襲われ早々に訪れる命の危機。そんな彼を救ったのは、謎の銀髪美少女と猫精霊だった。恩を返す名目でスバルは少女の物探しに協力する。だが、ようやくその手がかりが掴めた時、スバルと少女は何者かに襲撃され命を落とした―筈が、スバルは気づくと初めて異世界召喚された場所にいた。「死に戻り」―無力な少年が手にしたのは、死して時間を巻き戻す、唯一の能力。幾多の絶望を越え、死の運命から少女を救え!大人気WEB小説、待望の書籍化!―たとえ君が忘れていても、俺は君を忘れない。
    (引用終わり)

    「小説家になろう」というWEBサイト出身の作品・作家。
    かつて残念ながら世の中ではブームになっていたらしいケータイ小説とは違います。

    ライトノベルの得意分野、ファンタジーをうまいこと使って面白い世界を描いてくれてます。

    野崎まど『ファンタジスタドール イヴ』
    ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)ファンタジスタドール イヴ (ハヤカワ文庫JA)
    (2013/09/20)
    野崎まど

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「それは、乳房であった」男の独白は、その一文から始まった―ミロのヴィーナスと衝撃的な出会いをはたした幼少期、背徳的な愉しみに翻弄され、取り返しようのない過ちを犯した少年期、サイエンスにのめりこみ、運命の友に導かれた青年期。性状に従った末に人と離別までした男を、それでもある婦人は懐かしんで語るのだ。「この人は、女性がそんなに好きではなかったんです」と。アニメ『ファンタジスタドール』前日譚。
    (引用終わり)

    こうして私は、
    人と離別した。


    作者買いをした本ですが、
    アニメの方も観たくなりました。

    気付くのが遅かった、というシーンは胸がきゅっとしてすきです。

    仲町六絵『からくさ図書館来客簿』
    からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)からくさ図書館来客簿 ~冥官・小野篁と優しい道なしたち~ (メディアワークス文庫)
    (2013/05/25)
    仲町 六絵

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    京都の一角に佇む「からくさ図書館」は、優しげな図書館長の青年と可憐な少女とが二人きりで切り盛りする、小さな私立図書館。紅茶か珈琲を味わいながら読書を楽しめる、アットホームなこの図書館には、その雰囲気に惹かれて奇妙な悩みと出会ったお客様が訪れる。それぞれに悩みを抱えるお客様に、図書館長・小野篁が差し出すのは、解決法が記された不思議な書物で―。悠久の古都で綴られる、ときにほろ苦く、けれど温かなライブラリ・ファンタジー。
    (引用終わり)

    メディアワークス文庫はサブタイトル付き作品が多いのが、
    少々気に入りませんな。

    小野篁は結構なのですが、
    矢張り歴史上の人物をこねくり回して遊ぶのはどうも…。

    青柳碧人『双月高校、クイズ日和』
    双月高校、クイズ日和 (講談社文庫)双月高校、クイズ日和 (講談社文庫)
    (2013/01/16)
    青柳 碧人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    クイズで閉塞感をブチやぶれ。燃えるものを探したいのに見つからない。そんな悩みを持つ高校生たちが、クイズ同好会を結成した。目指すは全国高校クイズ選手権大会出場。周囲の好奇の目をよそに、本気でクイズに取り組む彼らが見つけた「大切なもの」とは?爽やかさあふれる、文化系青春小説の傑作。
    (引用終わり)

    生き生きしてます。
    部活!青春!

    まぁ大筋が無いというか、
    骨の無い小説ですが。

    かつて作者が新風舎というところで自費出版した作品らしいです。

    飛鳥井千砂『学校のセンセイ』
    学校のセンセイ (ポプラ文庫)学校のセンセイ (ポプラ文庫)
    (2010/10/06)
    飛鳥井 千砂

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    なんとなく高校の社会科教師になってしまった桐原。行動原理はすべて「面倒くさい」。適当に“センセイ”をやろうとするものの、なぜか問題を抱えた生徒や教師、そして友人たちが面倒ごとを持ち込んできて…小説すばる新人賞作家が描く、新しい青春小説の誕生。
    (引用終わり)

    名古屋もまた違う文化が形成されていることが解ります。


    248頁より。
    『矛盾してる。人と深く関わるのが苦手なくせに、一人でいるのも嫌なんて。図々しいことこの上ない。』

    西尾維新『終物語(中)』
    終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)
    (2014/01/29)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    “神原駿河は、私の姉の娘だよ―眠らせておくには、惜しい才能さ”“何でも知ってるおねーさん”臥煙伊豆湖。彼女が阿良々木暦に課す、終幕へ向かうための試練とは…?四百年の時を経て、蘇る武者―これぞ現代の怪異!
    (引用終わり)

    終わりの為の物語、という感が本当に強い巻でした。

    『鬼』『傾』と合わせて三部作というのも頷けるストーリー。

    さて、アニメ『偽物語』でも見ましょうか――。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad